• このエントリーをはてなブックマークに追加

カラープリンターのインク代を節約するためには

プリンターは利用しているユーザーが多いパソコン周辺機器です。様々な周辺機器がありますが、色々な印刷物を制作出来るため、家庭から学校、オフィスや官公庁まで幅広い現場で活用されています。最近の新製品はコンパクトサイズです。また卓上にも置ける軽さがあり、使い方もシンプルになりました。 家電量販店やネット通販サイトで、非常に安い値段で販売されています。コピーを取るだけなら、コンビニエンスストアのコピーだけでも十分かもしれません。しかし、自宅で印刷物を制作したい場合は、やはり購入した方が良いでしょう。またオフィスや学校、官公庁の職場には必要不可欠なオフィス機器です。 最近では多種多彩なメーカーが製品を独自に出しています。それぞれに個性と特徴があり、比較検討してみましょう。

本体はリーズナブル、一方で印刷費は?

プリンター本体は非常に安価な製品であり、家電量販店やネット通販サイトで衝動買いしてしまっても、平気です。しかし一方で少しユーザーの頭を悩ませるのが、維持費です。具体的にはインク代がユーザーの悩みのタネになります。 メーカーが提供する純正品のインクは定価、あるいはほとんど値引きされていません。そのため、本体はお安くゲット出来たけれど、肝心の印刷代がちょっと高くなってしまった、と感じる人々がいます。 特にカラーで印刷する場合、基本的に4つの色を本体にセットしなければいけません。使い方によっては、特定の色だけが早々と切れてしまったり、反対に1つの色は妙に長持ちする等、バラバラになりやすいです。印刷費のランニングコストを下げたい方は購入先を工夫してみましょう。

ジェネリック版とも言える互換性がある製品

互換性インクとも呼ばれる廉価版の製品を試してみましょう。メーカーが販売するオリジナル版とは違いますが、本体に正しくセットする事が出来ます。文字通り互換性がありますので、純正品ではなくても、印刷作業に使えます。特筆すべきは、そのランニングコストの安さです。 オリジナルに比べて値段が非常に安く、言わばジェネリック版と言えます。オリジナルのように印刷作業に使え、なおかつランニングコストが下がるため、普段からよく印刷作業をしている家庭や職場にはとてもオススメです。 僅かなコストダウンだったとしても、それが毎日の事であれば、年単位で換算すれば、かなりのランニングコストを下げられるでしょう。もちろん全てのカラーに互換性があるジェネリック版が用意されています。